ニッポン万歳

世界的に例がないくらい短い期間で入れ替わる総理大臣、足の引っ張り合いの政治、相次ぐ警察の不祥事、自分たちの先の世代に押しつけようとしている年金問題、海外なら大規模なデモや学生運動がおこってもおかしくない。しかしながら、それでも日本はいい国だ。時事ネタを加えつつ海外と国内を比較しながらクリエイター視点でニッポン社会を再認識!

2013年01月09日

あけましておめでとうございます!

2013年になり、初めての書き込みです。
皆さん、あけましておめでとうございます。

この年末年始はいかが過ごされたでしょうか?
僕はあってなかったような正月でした。

この「ニッポン万歳」では結構、時事ネタを書いていますが、今回の第一発目も時事ネタでいかさせていただきます。

その一発目のお題は「学校での体罰」

大阪の方で体罰に耐えられなくなり生徒が自殺をしてしまうという悲しい事件が発生してしまい、web上ではいつものお決まりパターンで、体罰を加えた先生、学校、教育委員会に対しての激しいバッシングの嵐・・・・・・。

ニュースの表面的な記事読んだだけで、すべてを悟ったがのごとしに、よくも偉そうにコメントするな〜といつも読んでいるのだが、さて「学校での体罰」はどうあるべきなのか?

今回の自殺に追いやった体罰に関しては情報不足でわからないが

僕は基本的に学校での体罰は必要不可欠と思っている派である。
僕の学生の頃には体育会系、運動部顧問系を中心に怖い先生というものが何人もいた。そしてビンタ、蹴り、スリッパで頭をたたくなんてことは日常茶飯事。殴られれば痛いし、ビンタなどをされた時には耳がキーンとなった時もある。廊下にバケツをもって立たされたり、正座をさせて教室の前に座らされたり、肩をもまされたり、重い荷物を持たされたり、先生によって体罰の方法は違うが学校教育の中であってあたりまえな教育のひつとだと思う。

無論、体罰を受けるには大なり小なりそれなりの理由がある。

宿題を忘れた。
遅刻した。
服装が乱れている。
暴れた。
先生に逆らった・・・・etc。

そして理由以上に重い体罰を受けることもある。
理不尽な体罰を受けることもある。

そんなことを経て、社会の中でも強く生きる精神とかも養われるのではと思う。まあ、今ではガンダムのアムロみたいに「父さんにもたたかれたことないのに・・・・」などとほざく輩が多いのかもしれないが。

続きを読む
posted by ヒラヤマユウジ at 05:31| ニッポン万歳

2012年12月27日

ゲスな政治家が集う「日本未来の党」

以前にどこかで「国民の生活が第一」などといった小馬鹿にしたような名前をつけた党のことを書いたことがあったが、本当に本当にこの小沢一郎と亀井静香という男は見ていて情けない。

「日本未来の党」発足から1ヶ月で、やれ離党だどうだといった状態になっている。
国民の生活どころか、自分の利権獲得が第一なのが見え見えの両者なのに選挙で票を取るために「国民の生活が第一」「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」など実に下らない党名をつけている。

そして自らが党首にならなければ「離党だ〜!」と駄々をこねる。
俺が、俺がの老害でしかない。

どちらかを立てれば、どちらかの角が立つ、それなら一層のこと両者の息のかからない無名の若手を党の頭にもってきて、後ろから全面的に担ぎ上げるといった考えはできないものなのだろうか・・・・。

どうしても自分が頭じゃないと気に入らない。小沢氏に関しては民主党を離党したのも同じような理由だった気がする。なんでこんなゲスな大人が政治家になれているのか実に不思議だ。この小選挙区の有権者は一体何を考えているのだろうと思う。

頼むよ、ほんと・・・・
ニッポン万歳・・・・涙。

posted by ヒラヤマユウジ at 02:51| ニッポン万歳

2012年12月26日

メリークリスマス!

昨日24日はクリスマスイブ。
街のいたるところにカップルが楽しそうにしていたのが・・・・うらやましい・笑。

そして、飯島愛さんの命日でもある。
クリスマスイブでの彼女の死は、とても悲しくもあり、ドラマティックでもある。

人の死というものは突然やってくる。

そして何かしらの原因によって、死の選択に追い込まれることもある。

今月22日に起きた痴漢事件により、容疑をかけられ25日に自殺したJR西日本執行役員がよい例だ。

この執行役員は22日に女子高生の下半身を触ったとして現行犯逮捕され23日に釈放された。
そして25日に自殺した・・・・・。

22日にはテレビ、WEBなどでこの事件が実名で報道され、多くの人にこのニュースが伝わることとなった。
23日にどのような形で釈放となったのかは知らないが、その2日後にはこの執行役員は自殺という選択を選んでしまった。

この自殺の一番の原因は実は「報道」のあり方ではないだろうか。最近の電車内で発生する痴漢に関する事件は様々なケースがあり、本当に痴漢に遭い被害を受けている人もいるだろうし、犯人と間違えられて捕まえられてしまった人もいるだろうし、そして和解金を狙った犯行をおこなうものもいる。

そして痴漢として捕まえられてしまった人は実犯人以外は、次の瞬間から人生を大きく狂わされることとなってしまう。これは社会的影響の大小はあるものの、ひとりの人としては著名人、一般人を問わず同じである。

だからこそ報道はしっかりとした裏付けをとって報道すべきである。

web上でのソース元を確認しに、朝日、読売のサイトにアクセスしたものの、すでに22日のこの記事は削除されていた。
(キャッシュには執行役員の顔画像入りの記事がしっかりと残っていましたが・・・・)

クリスマスになると悲しい思い出が増えそうだな・・・
ニッポン万歳!

posted by ヒラヤマユウジ at 01:58| ニッポン万歳