ニッポン万歳

世界的に例がないくらい短い期間で入れ替わる総理大臣、足の引っ張り合いの政治、相次ぐ警察の不祥事、自分たちの先の世代に押しつけようとしている年金問題、海外なら大規模なデモや学生運動がおこってもおかしくない。しかしながら、それでも日本はいい国だ。時事ネタを加えつつ海外と国内を比較しながらクリエイター視点でニッポン社会を再認識!

2012年11月22日

わいせつとアートの狭間の前に・・・

最近は様々な境界線がやたら気になってしょうがない。

そんな時に新たなるニュースが。

「<わいせつ図画>アート作品の写真掲載、週刊誌2誌に警告」とのタイトルでYahoo!ニュースに、女性器をかたどったアート作品の写真が、わいせつ図画公然陳列罪などにあたる可能性があるとして、警視庁が「週刊現代」(講談社)と「週刊ポスト」(小学館)に対し今後の掲載をやめるよう口頭で警告していたらしい。

そりゃいかんでしょ!っと昔なら即答したと思うけど。

インターネットで無修正画像どころか、無修正動画があちらこちらで見られるご時世に、どうなのこれ?って思ってしまう。

インターネットで無修正の静止画や動画の垂れ流し状態をどうとかしろとは別に言わないけど、まずは警告する前に、何年前につくられた法律かしらないけど、その法の改正を考えた方がよいのでは?

そうでなければしっかりとした接続の遮断、究極で行くならインターネット廃止だろ。
もしこれがドラッグだったら、どうなるの?
見て見ぬふりはしないでしょ?

だいたい勧告とか出している警視庁の人間だって、100%に近い人達がそういった無修正のアダルトサイト見ているだろうし、そんな状態で、よく勧告とか言えるよな〜と思ってしまう。自分が同じ立場だったら、申し訳なくて勧告なんて出せないよ。

ましてや、出版物に掲載されていたのは女性器といえども、アート作品。WEBで公開されているのは、エロそのもの。

時代は21世紀。グローバルに情報が飛び交う現代において、インターネットでの規制がしっかりできないなら、法を改正するか、情報を遮断(インターネットを廃止)するか、白黒つけないと、今回のような勧告は良心がどがめるでしょ・・・・

だいたいアートとアダルト一緒にしないで欲しいよ、クリエイターとして・・・

posted by ヒラヤマユウジ at 00:01| ニッポン万歳